今回テーマは「みのりが好きなものであまり世の中に知られていないものを紹介する」というこのブログの趣旨から外れるものかもしれませんが、まぁ規則というのは破る楽しみもあるということでお許しいただきたいのと、人気急上昇中とは言えまだ正当な評価を得ていないのではないかという思いもあるので、あえて取り上げたいと思います。

前置きが長かったですが、今回取り上げるのはただ今大ブレイク中のバンド、ゲスの極み乙女。のファースト・アルバム「魅力がすごいよ」です。

wpcl000012018_LL

おそらく誰もが最初にこのバンドの名前を聞いたときにキワモノなイメージを持ったと思います。みのりも全くそのとおりで、音を聴くまではその名前のせいで積極的に聴いてみようとは思いませんでした。ここ数年は日本の若い人たちのロック・バンドにあまり興味が持てなくて、彼らもそんなに大差ないだろうとタカをくくっていたのです。しかしたまたまYouTubeで彼らのプロモーションビデオを見てみのりは頭をガツンと叩かれた思いがしました。これはすごい!曲のオリジナリティも素晴らしかったのですが、それを支える各メンバーの演奏技術の高さに驚嘆しました。ギター、ベース、キーボード、ドラム、そのどれもが創造性あふれる演奏をしている。そんなバンドはそうはいません。それがあるからあれだけトリッキーな曲が破綻せずに成立するんだと思いました。またみのりはヴォーカルの声にも結構こだわりがあるのですが、それもクリアしていました。

fb71d0d4

そこで片っ端に彼らの音源を聴きまくったのですがいずれも期待を裏切るものではなく、しかし一昔前ならこのような音楽はあまり受け入れられなかっただろうけれどこれが売れているというのだから素晴らしいことだなぁとみのりは考えていました。

そんな彼らがメジャーシーンに移り、満を持してリリースしたフルアルバムが「魅力がすごいよ」です。これまで彼らの音楽を追ってきた人の中にはこのアルバムに収められた曲はどれも前に比べておとなしくなったと感じた人が少なからずいたかと思います。そして彼らの音楽にあるトリッキーさを美点として認めてきた人はこのこなれた曲たちを物足りなく感じたかもしれません。実際そういった声をよく見聞きしました。そしてみのりもはじめてアルバムを聴いたときは同じように感じ、もう勢い落としちゃったのかなと思いました。しかし何度も聴き返すうちにそれはとんでもない間違いだということに気づきました。

このアルバムはゲスの極み乙女。にとってこれまでの頂点となる作品だと思います。どの曲もこなれたというよりも無駄がそぎおとされ完成度が飛躍的にあがったのだと思います。これまでも主にサビ部分に現れていたリーダーの川谷さんのメロディセンスがここに至って曲全体に覆われ、顕著だった曲の中の部分と部分のぶつかりが(それはそれで面白かった部分ですが)軽減されているのです。では表面的になめらかになっただけでしょうか?いえいえそうではありません。各パートのプレイは依然としてテンションやクオリティが高く、おそらく歌詞もその真意が直接伝わりやすくなっていると思います。おそらくと言っているのは、みのりは基本的に音楽を聴くときには音が真っ先に耳に入ってきて、あまり言葉が意味を持って入ってこないからです。しかし今回のアルバムに収められた曲は、そんなみのりの耳にも音と一緒に言葉も入ってくる曲が多いです。これは川谷さんのメロディが言葉の流れに逆らわず自然に作られているからだと思います。

またこのアルバムでは「列車クラシックさん」という曲で、みのりの大好きなラヴェルの曲「水の戯れ」が前半ではコラージュされ後半では原曲の中盤までが忠実に演奏されていて、これを期にラヴェルの音楽を聴いてくれる人が増えたらいいなと思ってます。さらに「サリーマリー」という曲は少し複雑な構成をしていますが、その後半部分でショパンの「子犬のワルツ」のフレーズが転用されて、さらにコーダではまさにその「子犬のワルツ」をそのまま引用して終わるなど、クラシックへの目配せがされていてそれも楽しいです。これらを演奏するキーボードのちゃんMARIさんの存在がこのバンドの独自性の一端を担っています。

2042303_201409180189126001411051642c

誤解を恐れずに書くと、ゲスの極み乙女。の音楽はこのアルバムまでは面白いけれども戯れ言にすぎなかったものが、このアルバムにおいてはじめて心あるものに化したのだとみのりは思います。各々の高い演奏技術がはじめて曲を成立させるための要素として働いたのだと。だからアルバムの最後に置かれたアコースティックなテイストのバラード「bye-bye 999」という曲でテクニカルな部分が封じられても十分満足感が得られるのです。そしてこの曲はアルバム最後を締めくくる名曲です。

おそらくこの後ゲスの極み乙女。は次の段階へと向かうのではないかと思います。ソングライターの川谷さんはご存知のとおりもう一つのバンドも並行していて両方のソングライティングもこなしていますが、その創作スピードは何かに憑かれたかのようです。しかもその精度はどんどん上がっていくばかり。きっと今の到達点に安住したりはしないでしょう。もしかしたら近いうちに解散してしまうような嫌な予感も感じたりもしますが、しばらくはがんばってくれることと思いますしそれをみのりは期待します。

date_20141215113652_500x450_544F875EF61B

来月やっと初めて彼らのライヴを見ることができます。これらの曲は生ではさらに彼らのポテンシャルの高さを感じさせてくれることでしょう。待ち遠しくて仕方がありません。