pairjacket_200

今回とりあげるこのアルバムは山田杏奈さんとLlamaの吉岡哲史さんがpairとして2012年に発表したアルバムです。実はみのりはLlamaをほとんど聴いたことはないのですが、山田杏奈さんは初めてJimanica Band Setでのコーラスを聴いたときからその声に魅了されていて、その時購入したソロ・アルバムも大好きだったので、すぐにこのアルバムも手にしたのでした。

2

1曲目「なまえ」が始まった時のパーカッションとギターの上にのるトロンボーンの軽やかさがとても気持ちいいです。その後もあたたかいアコースティックでポップな音に満ちていて、またそれらの上にのる二人の声はいい感じに乾いていてさわやかです。取材記事を読むと、制作は二人で詞とメロディーとコード進行だけ作って、あとは曲ごとに参加してもらったミュージシャンに演奏してもらったとのことですが、アレンジは最小限にとどめられているのに全体的に大変豊かなものとなっていて、二人のセンスの良さもさることながら参加したミュージシャンの方たちの確かな技術が最高の形で結実しているのだと思います。

テクノロジーの進歩で表面的に情報量の多い音楽が世の中にあふれています。またリズムも強い攻撃性を感じるものもたくさんあって、みのりはそういう音楽で好きなものも多いですが、このアルバムのようにミュージシャンの豊かな演奏技術によって丁寧に作られた耳に心地よい音楽を聴くと、何にも代えがたい宝物のように感じます。そしてまるでふるさとに帰ってきたかのようにホッとします。この感覚はきっとたくさんの人に同じように感じてもらえるのではないでしょうか?ですからぜひたくさんの人に聴いてもらいたいと思います。きっと癒されること間違いなしです。

本当はライブがとても見たいです。吉岡さんが京都、杏奈さんが東京を拠点に活動しているのでなかなか難しいようですが、目の前でこれらの曲たちが演奏されたらきっともっと幸せな気持ちにつつまれるだろうなぁと思います。そしてさらに共作を続けて次のアルバムも制作してほしいです。

大好きな杏奈さんのことについてもう少し語りたいと思います。

20121203_182926

彼女はそれより少し前に「カラフル」というソロ・アルバムをリリースしたのですが、そちらも素晴らしいものとなっています。Pairとは違って幾分内に向いたもので、でもまるで母親の胎内にいるかのような心地よさを感じる不思議な音楽が詰まっています。ここでも彼女の声が音楽を必要以上に情感的になるのを止めていて、感情たっぷりに歌われるうたが苦手なみのりにはぴったりでとても気持ちいいです。

annayamada_200

杏奈さんは、Jimanica Band Setではエレクトロニクスを組み込んだバンドの中でコーラスを担当していますが、ここでも彼女の声とバンドの音との親和性が高くて気持ちいいです。無機的と有機的との中間をさまよう彼女の声はまさに無二ものといえるでしょう、さまざまなミュージシャンに乞われるのも納得です。この春にはショーロ・クラブの鬼才沢田譲治さんとのデュオやバンドも開始(?)とのことでますますの活躍が期待できますが、実は完成しているらしい2ndソロアルバムも早くリリースされないかなと思っています。