山種美術館で開催されている「花と鳥の万華鏡 -春草・御舟の花、栖鳳・松篁の鳥-」展の美術ブロガー対象にした内覧会に行ってきました。山種美術館はその充実したコレクションを軸にした独自な視点での展覧会の企画などで以前から注目していましたし、実際に展覧会を見に行って得られる満足感も高いです。また近年はインターネットを通じたPR活動も盛んで、このブロガー内覧会なども日本画愛好者の拡大に意欲的であることの表れです。このような山種美術館の活動は素晴らしく、他の美術館も積極的に見習ってほしいとみのりは思います。(なお以下に掲載している画像は全て関係者の了解済です。)

さて山種美術館といえば近世から近代の日本画の質の高いコレクションで有名で、今回のような花鳥画という日本画の伝統的画題をテーマにした展覧会となるともう敵なしといったクオリティでしょう。表題には菱田春草、速水御舟、竹内栖鳳、上村松篁の名が出ていますがもちろんそれだけではなく、それ以外の画家の作品でもインパクトの強い作品が並んでいました。

みのりが一番ショックを受けたのは田能村直入の作品「百花」でした。

IMG_0273

この作品は山種コレクションの中でも有名なもののようですがみのりは見たのは初めてでした。先日の京都文化博物館でその素晴らしさに開眼した作家の作品が見れるだけでもうれしいのに、また作風が全く違うところにこの画家の底知れぬ潜在力に驚嘆したのです。田能村直入はいわゆる南画家で、自ら南画専門の学校を起こしてその再興をはかった人物ですが、ここで見られる作品は言われなければ全く分からない多彩な色彩と見事な写生によって描かれた花の数々。もともと技術の優れた人だということは承知していたつもりでしたが、こちらのイメージのはるか先を行くこの画家の他の作品をこれからも追って行きたいと思います。

またみのりが最近注目している渡辺省亭の作品「牡丹に蝶図」も彼の独自性がよく現れていて興味深かったです。

IMG_0272_2

渡辺省亭は恐らく日本人の画家で初めて西洋に出てかの地の画家とも交流を持ち、また高い評価も得た画家ですが、それによる西洋画的遠近を取り入れた日本画は他に並んでいるものとは全く違う香りが漂っていて、それはなんだか妖艶さを感じさせるものでもありました。彼の作品では他にもっとクオリティの高いものをみのりは見ましたが、それでもこの作品は十分独自性を所持していると思います。国内ではあまり顧みられない画家ですが海外では今もその名が通っているとのこと。伊藤若冲のように逆輸入で大ブレイクするのではないかなと思ったりもします。

その他に目を魅いたのは西村五雲「晨雪」です。

IMG_0271_2

比較的作風が師の竹内栖鳳に似ているためその影に隠れがちな人ですがやはり達者な筆の持ち主でみのりは大好きな画家です。さらにこの作品は館長の事前レクチャーでも指摘があったとおり、雪の表現に伊藤若冲の「動植彩絵」との共通性が見いだせて興味深かったです。京都の画家に引き継がれるDNAを感じずにはいられませんでした。

比較的多く見られる上村松篁さんの作品も素晴らしいです。みのりは去年京都で行われた彼の回顧展を見るまで正直好きな画家ではなかったのですが、それを見て認識を変えました。他の画家の絵もそうですが、彼の絵は特に実際に生で見ないとわからない気品のようなものがあって、その魅力のかなりの部分をそれが占めているというのがみのりの考えです。母とは作風が違うとは言えど二代目。その育ちの良さというか率直に言えば貧乏くささが全くない彼の絵の魅力は実際に前に立たないとわからないと思います。ですからこの展覧会はそれだけでも見に行く価値があるといえるでしょう。ちなみに次回の山種美術館の展覧会は母の上村松園の回顧展です。こちらも見逃せないと思います。

これら以外にも語りたくなる作品が目白押しのこの展覧会、渡辺省亭以外はすべて山種コレクションで構成されているというから驚きです。何時間でも見ていたくなるもので、みのりも会期末までに数回見直しに行くことにしています。

会期:2015年2月11日(水・祝)~4月12日(日)
会場:山種美術館
主催:山種美術館、日本経済新聞社
開館時間:午前10時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日
http://www.yamatane-museum.jp/